住宅改修Reform

住宅改修にも介護保険が使えますHousing Renovation

リフォームの内容にもよりますが、階段やトイレに手すりをつけたり、玄関や浴槽などの段差の高低差を小さくしたりなど在宅で療養されてる方、介護をされている方が過ごしやすく、安全に生活ができるように介護リフォームは援助されています。

介護保険制度では、「要支援1、2」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、住宅改修が必要な人に対し、一生涯で 20万円 まで住宅改修の9割を補助してくれます。
また、介護度が3段階以上上がった場合や転居した場合は再度利用可能になります。
ただし、リフォームについては条件がありますから、必ず事前にケアマネージャーなどに確認しておきましょう。

住宅改修

手すり、段差の解消、ドアの改修等いろいろなシーンで利用ができます。

手すりの取り付け

玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。

床段差の解消

引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます。

引き戸等への扉の取替え

介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。
また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。

洋式便器等への便器の取替え

和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、使用しやすいように便器の向きを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます。

滑りの防止、移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや滑りにくい床材などに変更する場合に適用されます。

施工事例Cases

トイレ

Before

After

トイレは、立ち座りや、衣類の脱着など、体位が不安定になりやすい上に、利用頻度も多いです。
手すりの設置により、安定した立ち上がりができるようになります。

階段

Before

After

段差が高く、急に曲がる階段は一番転倒のリスクが高く、転倒した際のケガも深刻になります。
その階段に合った手すりをつけることで安心して足元を見て歩くことが可能になります。

廊下

Before

After

長い廊下は、トイレや浴室・寝室までの移動に多く利用されますが、掴まるものが少なく転倒することがあります。
手すりの設置により、安心して移動ができるようになります。

玄関先

Before

After

屋外は、段差が多く掴まる所も少なく、また天候によっては滑りやすくなり、転倒の危険性が上がります。
手すりの設置により、安心して外出できるようになります。